専業主婦でいることの罪悪感がなければ、在宅ワークはやっていなかったかもしれない。

こんばんは。

朝、次男を幼稚園バスまでお見送りして、ウォーキングして帰ってきた後、すぐにパソコンをつけるのですが、
グーグルの検索トップページでランダムに表示されるニュースをついチェックしてしまう習慣がついてしまいました。
Googleの思うつぼとおもいつつ、興味のある記事を表示してくれるので、つい30分ほど記事の閲覧に時間をさいてしまっています。

今朝見たところ、こんな記事が表示されていました。

専業主婦の6割「罪悪感ある」 「ランチに行くにも稼ぎがないと後ろめたい」「学歴職歴あって健康なのに何も生産していない」(「BLOGOS」より)

専業主婦に罪悪感・・・。
これ、すっごくわかります。

専業主婦に罪悪感を覚えるから働くのか

旦那さんや両親などの協力が難しいワンオペ育児の場合、子どもが幼稚園のうちは働きに出るのはキツイと思います。

やれないことはないです。
実際わたしの妹もワンオペ育児でパートに出ているし。

でも、子どもはすぐ風邪ひくし、冬になればインフルエンザに胃腸炎、学級閉鎖で、へたすれば一か月以上お仕事ができません。
次男の通っている幼稚園は、本人がかかっていなくても家族にインフルエンザの罹患者がいるだけて出席停止になるので、丸々2週間休むことになるなんてザラです。
妹の勤め先は理解のある会社なのでなんとか続けさせてもらっているそうなんですが、妹は子どもたちが感染症にかかるたびに「会社に休む連絡しなきゃ・・・。申し訳なくて胃が痛い」とLINEをよこします(ヒー)。

それでも、子どもが小学校にあがればずっと働きやすくなるんですよね。
いざとなれば家でひとりで寝かしておけるし、そもそも発熱するまでの風邪をひきにくくなるし。

なので、子どもが幼稚園のうちは外で働かなくても全然OKなんだよっと自分に言い聞かせてはいるのですが・・・
やっぱり罪悪感を覚えてしまうんです。

だからせめてもと在宅で仕事をしているのですが、正直、この罪悪感がなければ在宅ワークもやっていなかったかもしれません。
今の旦那さんの収入(30万円前後)で、なんとか生活もやっていけるし、住宅ローンも払えるし、貯金も少しずつですができていますから。

でも、自分で嫁ぐ月1~3万円の収入があることは、自分にとってよい影響がたくさんあるんです。

まず、家計に関係なく欲しいものが買える(自分のお小遣いを家計から捻出しなくてよい)、ただ消費するだけの専業主婦という罪悪感から逃れられる、お金を生み出せるという自己肯定感・・・いいことづくめです。

もしまわりのママさんからなんやかんや言われても(私は言われたことありませんが)、わずかでも収入があれば「在宅で働いてる」って言えますし。

そう考えると、けっきょく私の働く一番の原動力は、「自分の中の罪悪感をなくしたい」「まわりにつべこべ言われたくない」といった精神的なものなんだなぁと思いました。

<住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!>

【住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!】
この歴史的「超」低金利時代の金利条件で、住宅ローンの借換えシミュレーションができます!
こちらでシミュレーションができます→三菱UFJ銀行 住宅ローンは選ばれてご利用額 10年連続№1

◎ちなみに我が家の現在の金利条件は・・・
・固定10年 0.9%
・住宅ローン残債 2300万円
・毎月支払額 98,735円

★我が家の借換えシミュレーションの結果は?
何万円お得になったのか・・・こちらの記事をどうぞ→我が家のリアルな住宅ローン事情!借り換えシミュレーション結果はこちら

 

*Twitterをやってます*
ブログの更新情報や、住宅ローン関係や家計管理・節約などの気になる記事をツイートしています。

ランキングに参加しています
  にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へにほんブログ村 その他生活ブログへ
関連コンテンツ
【こちらの記事も読まれています】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする