平成30年度の固定資産税・都市計画税の納入通知書が届きました。昨年度と比べて納税額は5,600円ダウン!

スポンサードリンク

こんにちは。
気付けば4月も半ばすぎ・・・。
すいぶん暖かくなってきましたね。

新年度になり、固定資産税と都市計画税のあらたな納税通知書が届きました。

平成30年度は、3年に一度の評価替えの年に当たるそうです(横浜市では)。
今年度の納税額はどうなったのでしょうか?

平成30年度 固定資産税・都市計画税のうちわけ

横浜市は、固定資産税と都市計画税は年4回に分けて納税することになります。
納税通知書の納期と、各期の納税額は以下の通りです。

第1期(4月納付) 31,300円
第2期(7月納付) 31,000円。
第3期(12月納付) 31,000円。
第4期(2月納付) 31,000円。

合計(年税額)で、124,300円でした!

この124,300円のうち、98,800円が固定資産税で、25,500円が都市計画税です。

年額にして約12万5千円。
高いのか安いのかよくわかりませんが、うちは30坪ない狭小住宅なので、きっと坪単価で言うと高めなのでしょう・・・。
しょうがない。必要経費として割り切っています。

スポンサードリンク

固定資産税の納税額。去年と比べてどうだったか?

前年度の納付額と今年度の納付額を比べてみました。

【平成29年度の固定資産税・都市計画税】
第1期 33,900円
第2期 32,000円
第3期 32,000円
第4期 32,000円

合計(年税額)は、129,900円でした。
この129,900円のうち、103,400円が固定資産税で、26,500円が都市計画税です。

今年度の納付額が年額124,300円だったので、納税額は去年より5,600円安くなっています
おお~。嬉しいです。
この調子で毎年少しずつ下がって、納税が楽になってくれたらうれしいな。

以上が今年度の固定資産税・都市計画税の内訳でした!