子どもに与えるブロックは、レゴよりも国産の「ダイヤブロック」が一番おすすめ!成長の遅い我が子の発達を手助けしてくれました。

スポンサードリンク

こんばんは。
先日、ダイヤブロックを買い足しました。

ダイヤブロックは我が家の子どもが長い期間遊んでいるおもちゃ、ナンバーワンです。
次男はゼロ歳から、長男は7歳(現在)になっても飽きずにずっと使っています。

次男が幼稚園児になってからは一緒に色々作れるのが楽しいのか、毎日のように二人で何か作ってます。

次男の幼稚園入園前(なつかしい・・・)。
雨の日はいつもわたしとブロックで遊んでました。

戦隊もののおもちゃやプラレールもいいですが、やっぱりシンプルなブロックが一番長く使えるなあと心底思います。

成長のゆっくりな長男の「表現方法」となったダイヤブロック。そして子どもたち(当時5歳と2歳)が作った作品たち。

子どもたちが作ったダイヤブロック作品の写真がいくつか残っていたので紹介させてください。

長男の作品「きゅーきゅーひこーき(救急飛行機)」。

長男と次男の合作。

そして。
成長のゆっくりな長男が年長さんの時に作った「船」

私「空母かよ!!」
(※ちなみに現在、日本の空母の保持は違憲らしいです。)

スプーンもフォークも満足に使えない長男(当時5歳)が目を離したすきにこんな大作を作っていて本当にびっくりしました。

長男は成長がひとよりゆっくりで、小学校に入るまで言葉もちゃんと出ず、指先(というか身体ぜんぶ)もうまく使えない状態でした。
まともに走ることができたのも、3歳過ぎてからです。

もちろんクレヨンもちゃんと運筆できなかったので(小学生になるまで線も丸もまともに描けませんでした)、何か絵を描かせても形になっていないし、粘土をやらせてもよくわからないかたまりができるだけでした。
なので、「この子は発想力も育ってないんだなぁ…」と思い込んでいたのですが、表現する方法がなかっただけで、ちゃんと創造力は育っていたんですね。

指先の複雑な動きができなくても、ブロックなら「はめる・外す」で表現ができるので、自分の作りたいものも自在に作れたんだと思います。
ちなみにダイヤブロックはレゴブロックより突起に高さがあるので、幼い子でも不器用な子でもはめるのが簡単なんです。

ダイヤブロックを与えなければ、長男の成長に気づけなくて、ただただ悲観していたんだろうな・・・。

スポンサードリンク

我が家のダイヤブロックは20年~もしかしたら半世紀以上前のもの。さすがメイドインジャパンの品質と称賛を送りたい。

実は、我が家のダイヤブロックは私の母校からいただいた貰い物。
私の母校は20年ほど前に廃校になったのですが、3年前に取り壊しが決まり、最後に校内見学ができると言うので夏休みの実家帰省のさいに行ってみました。

そのときに、「全部廃棄するから欲しいものがあったら持っていっていいよ~」と言われ。
そこにあったのがダイヤブロックだったのです。

ポケモンシールは我が子が貼りました。

このダイヤブロック、いつ購入されたのかはわかりませんが、廃校になったのが約20年前なので、少なくとも20年以上は経っているってことですよね。
へたしたら半世紀以上前のものでもおかしくないです。
なのに、まったく問題なく使えるんです。突起のかみ合わせも緩くなっておらず、色あせもせず、先日に新しく買い足したダイヤブロックと比べてもまったく変わりません。
しかも20年も倉庫に放りっぱなしだったんですよ。持ち帰ってすぐは砂や枯れた針葉樹の葉なんかもいっぱい混ざっていて、よい保存状態とはとても言えませんでしたが、洗って干したら新品同様になりました。

さすがメイドインジャパン。無駄に丈夫だな……(汗)と思っちゃいました。
それにレゴより価格も安いし。
さすが国産ブロックです。

そして。
次男も複雑な作品を作るようになって、頂きもののブロックだけではもの足りなくなってきたので買い足しました。

こちら。

ベーシックセットです。
基本のパーツの形が350個入っています。
やっぱりベーシックセットが一番使いやすいです。

◎送料無料のこちらで購入しました→ダイヤブロック BASIC 350

こちら↓は250個。収納ケース付きです。

まだ片づけの上手にできないお子さんには、50個セット100個セットがおすすめです。
床にまきびしのように散らかされますので・・・。

でも50個はないとすぐ物足りなくなっちゃうと思います。

50個基本セット

100個基本セット

ダイヤブロックはほんとうに買ってよかったおもちゃナンバーワンです!

うちの長男のように手先がじょうずに使えない子には、ほんとうにおすすめしたいです。
お子さんの自信にもつながると思いますよ!