30代・40代世帯の金融資産額が気になる!住宅ローンの繰り上げ返済を最優先している我が家の貯蓄額は平均と比べてどうなのか?

スポンサードリンク

こんばんは。
絵の仕事が入りまして、時間の足りなさにアタフタしてます。
なのに来週の半ばから幼稚園は半日保育がスタートし、小学校は給食後すぐに下校!
そして魔の春休みに突入!

あわあわ・・・(焦)

そんな中。
オールアバウトで気になる記事を発見!

◎こちらです→2人以上の世帯の平均貯蓄1151万円。一方貯蓄ゼロが3割

世代ごとの金融資産のデータと考察の記事です。
気になりますよね。

私も家計を預かる身として、家計管理のことは意識して暮らしてはいます。
いますが・・・今は、住宅ローンの繰り上げ返済に血道を上げていて、正直、貯蓄のことは二の次。

我が家は貯蓄は大丈夫なの?
気になったのでオールアバウトの記事を参照して毛引証してみました、

30代・40代世帯の貯蓄額。我が家は平均に比べてどうなのか?

ちなみに我が家の金融資産は以下のとおりです。

【2018年2月末の我が家の金融資産状況

・メイン口座 1,042,351円
・幼稚園、小学校関連費用費引き落とし口座 244,598円
・子どもの学費貯蓄口座(楽天銀行で増やしてます) 1,781,481円
・学資保険満期額 3,000,000円

計 6,068,430円

※参考記事:2018年2月末までの我が家の金融資産と金融負債。先月に比べて31,790円の資産増でした(微増!)

このうち、純粋な「貯蓄」と言えるものは「子どもの学費貯蓄口座」「学資保険満期額」の合計4,781,481円です。

続いてオールアバウトのデータをあげて比較してみます。
我が家は夫婦とも30代なので、30代の貯蓄データを上げてみます。

《30代の貯蓄データ》
・平均値 470万円
・中央値 200万円

なんと平均値にドンピシャ!
そして中央値は大きくクリアしています。

オールアバウトのデータでは30代は貯蓄200万円代の世帯が一番多いということですが、30代~50歳くらいまでは
子どもが産まれてお金のかかる時期ですからね。
それでも平均して200万円の貯蓄があるのはすごいと思います。200万円なら生活防衛費(何かあったときのためのお金)として十分役に立ちますから。

そして、数年後に来たるべき40代の貯蓄データも気になります。

《40代の貯蓄データ》
・平均値 643万円
・中央値 220万円

30代世帯に比べて、平均値が173万円もアップ!(何があった!?)
我々30代は就職氷河期真っただ中でしたが、それよりちょっと上の世代は氷河期をギリギリ免れた方が多かったってことでしょうか。
今の30代世代が40代になっても平均値は470万円と変わらない気がします・・・。むしろもっと減っているかも(汗)。

そして中央値を見ると、30代世帯よりも20万円アップしたくらいですね。
ということは、一部の人間の貯蓄がグッと増えたってだけってことなんでしょうね。

スポンサードリンク

貯蓄は子どもが小学生の時が貯め時!来たる40代に向けて貯金もがんばってゆく

私の40代は、我が子は小学生・中学生の時代です。
子どもが小学生のうちはお金がそんなにかからないので、40代前半は貯め時だと思っています。

住宅ローンの繰り上げ返済と並行して、貯金額もじわじわ増やしてゆかないとなあと決意を新たにしたのでした。