新年のごあいさつ。今年さいしょの我が家のお金の話は…小学生と幼稚園児のお年玉の金額について!

スポンサードリンク

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

2018年が始まりましたね。
今年いちばん最初のイベントは旦那さんの実家での年越しでした。
おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん全員にかわいがってもらって子どもたちは大喜び。
息子ふたり、帰宅中も帰宅してからも「楽しかったね」「またあしたも行こうね(明日!?)」とずっと言ってました(笑)。

私の実家も旦那さんの実家もけっこうな遠方なので、なかなか孫の顔を見せにいけなくて申し訳ないです。
どこでもドア、量産されないかしら。一千万円くらいまでならローン組んででも買います!

帰りの新幹線はUターンラッシュが始まっていて、ものすごく混んでいました。
指定席は終日満席で自由席しか取れなかったんですが、乗る前から乗車率160%…。
すし詰め状態で、子どもたちもかなりつらかったと思います。
そんな状態にもかかわらず、小一の長男が2時間もの乗車を文句一つ言わずに立ちっぱなしで我慢してくれて、成長したなぁと感激しました。

ちなみに次男は酔いどめの薬を飲んでいたこともあり、旦那さんにずっと抱っこされてました。
助かりました(汗)。

スポンサードリンク

子どもたちのお年玉の額は?小学生1000円・幼稚園未満500円が相場?

子どもたちにとって、お正月の実家帰省は嬉しいことばかり。
「大好きなおじいちゃん、おばあちゃんちに行ける」
「新幹線に乗れる」
「いとこと遊べる」
そして…
「お年玉がもらえる!」

去年、いただいたお年玉をすべておもちゃやお菓子に使いきった子どもたちは、もうお金の価値と魅力を知っています。
なので、いただく前からおじいちゃんおばあちゃんに「お年玉はー?」と催促…(こら~!汗)
自分からおねだりしちゃだめだよって教えとくべきでした。来年は忘れずにしつけなきゃです(汗)。

小学一年生・幼稚園年少さんのお年玉の額は?

子どもたちが待ちこがれていたお年玉。
いったいいくらいただけたのでしょうか?

・おじいちゃん 21,700(ふたりまとめて。巾着に現金がじゃらじゃら入ってました!)
・おばあちゃん 3000(長男) 3000(次男)
・伯父さん 1000(長男) 500(次男)
・叔母さん 1000(長男) 500(次男)


合計で30,700円でした!

た、大金ですね~(汗)
よかったね、息子たち‼

ちなみに我が家は、2歳の姪っ子に1000円にしました。

お年玉配布後に30代の大人たちでお年玉の相場について話したんですが、小学生1000円、小学生未満500円かなという話になりました。

でも6年生で1000円は少ないような気もしますし。
学年×1000円だと妥当なのかしら。
でも6000円はあげすぎですかね?

義兄弟さんたちの額とも合わせなきゃならないし、なかなか難しいですね、お年玉(汗)