「年金はあてにならない」はおどしじゃなくて事実です!3000万円から必要と言われる老後の生活費。我が家はこうやって乗り切ります!

スポンサードリンク

老後の準備に大金が必要なのは、「年金があてにならないため」と「老後に収入を得る仕事を一切しないため」

「年金はあてにならない」。
ニュースや報道番組なんかでよく聞く言葉ですけれど・・・実際のところ、どうなんでしょうか。

ちなみに、現在35歳あたりの世帯が貰える厚生年金は、月16~19万円程度らしいです。
けっこう多いんじゃない?と思いますが、あくまで世帯あたりですからね。一人あたりではないのがポイント。

そして、この支給額は60歳の定年後すぐにもらえるというわけではありません。
受給年齢の引き上げがはじまって、もらえるのは65歳どころか70歳以上になるかもしれません。

つまり・・・「年金はあてにならない」というのは、私にとっては正解です。

なので、人口減少・少子化・超高齢化社会に老後を迎える私たちには、年金に頼らない人生設計を立てることがとっても大事になってきます。

老後に必要なお金は3000万円とも7000万円とも1億5000万円とも言われていますが、そんなお金、このご時世、子持ちの中流階級家庭ではとてもじゃないけど貯められません。
老後のために楽しみもいっさい我慢して、爪に火を点すような生活をしてコツコツ貯めてゆけば可能かもしれませんが、いまわの際に「何のために生きているのかわからない人生だった」と思うのは本末転倒だと思いますし。

けれど、実際、定年してから20年30年も老後があると考えると、最低限の生活費だけでも3000万円以上のお金がかかってくるわけですよ。

でも、この巨額の老後の生活費を「定年までに貯める」と考えるからキツイんです。
もし一生働き続けるなら、老後のためにこんなにお金を準備する必要はありません。

老後資金は3000万円も必要ない。細く長く働く、これからの老後の働き方

今の30代~40代世代の老後は、定年を機に、現役のときのような一日10時間労働・週5~7勤務といったハードワークをやめて、仕事量を大幅に減らして(社会につながる・生きがい程度に)一生働き続けるというのが一番無難な老後の送りかたになってくるのではないでしょうか。

とくにこれから日本は人口がかなり減ってくると言われていますので、我々にとっては売り手市場。
そして、労働環境も、きっと高齢者でも働きやすいような緩いかんじのシステムに変わってくると思います。

なので、一生働く気があり、かつ健康であるならば、老後貧困におちいる心配はそれほどしなくともよいと思います!

スポンサードリンク

生活するためにどれくらい稼げばいいのか

現在の家計簿を参考に、子ども二人が独立した後の老後、旦那さんとふたりで生活するために毎月いくらかかるかを計算してみました。

決まって毎月かかるお金

・幼稚園保育料 27,410
・住宅ローン 98,735
・学費貯金(自動積み立て) 35,000
・旦那さんお小遣い 40,000
・長男と次男の習い事(サッカー)の月謝 6,447
・給食費 4,000

合計 211,592円 →0円

光熱費通信費など

・ガス代 4,000
・電気代 5,000
・水道代 3,000
・携帯電話利用料 3,000(2台分)
mineo(マイネオ) 2,360(スマホのインターネット利用、2台分)
インターネット回線「NURO 光」 3,682
・「NURO 光」でんわ 540
・NHK 1,260

合計 22,842

やりくり費

・食費 40,000円
・日用品費 10,000円
・レジャー費 10,000円
・その他費 5,000円

合計 65,000

老後の一ヵ月の生活費・・・87,842円の予定

「決まって出るお金」0円+「光熱費通信費」22,842円+「やりくり費」65,000円=87,842円

なんと2人で10万円きりました。
子供にかかるお金と住宅ローンがなくなると考えて、現在の支出の3分の2を占める「決まって毎月かかるお金」の項目が全部なくなる予定というのも大きいですが、我が家は、私も旦那さんもあまり贅沢をしようとしないたちなために月の支出が10万円でおさまるのだと思います。

老後に毎月かかる生活費は、老後に毎月稼ぐ

かくして老後にかかる我が家の生活費は10万円あればたりることがわかりました。

旦那さんの会社には定年後の再雇用制度があり、8:30時出勤17:30退社土日祝休みで月16万円ほどのお給料がいただけるそうなので、旦那さんが再雇用制度を利用してくれたら問題なく暮らすことができます。
しかも毎月6万円の貯金ができます!今より25,000円も多い!

でも、もし、旦那さんがこの再雇用制度を使わなくても、月10万円くらいなら、二人で稼げると思います。
私は在宅で月2~3万円を稼げる手段を持っているし、子どものお世話がなければ5万円以上は稼げると思うので、旦那さんにはあと5万円ぶん働いてもらうことになります。
(私は現在「クラウドワークス」「ランサーズ」を利用して在宅で仕事をしています。)

スーパーや工場などで働くとしても、神奈川県の最低賃金が時給930円なので、月50,000円の収入を得るには、1日4時間、週に3~4日ほど働けばまかなえます

もし旦那さんが1日7時間、週5で働いてくれたなら、時給930円でも毎月130,000円にもなります!

上記のように考えているので、老後貯金についてはあまり心配してはいません。

老後の生活費を想定して、もし30万円とかかかるなら、体力のある若いうちに来たるべき老後に向けて、華美や贅沢から離れ、質素な生きかたにシフトする練習をするのも手です。
もちろん、老後のために充分な資金を用意できるとか、定年後もがっつり稼げるつてがある方は別ですが・・・。

以上が我が家の老後の生活費対策でした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク


<住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!>

【住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!】
この歴史的「超」低金利時代の金利条件で、住宅ローンの借換えシミュレーションができます!
こちらでシミュレーションができます→三菱UFJ銀行 住宅ローンは選ばれてご利用額 10年連続№1

◎ちなみに我が家の現在の金利条件は・・・
・固定10年 0.9%
・住宅ローン残債 2300万円
・毎月支払額 98,735円

★我が家の借換えシミュレーションの結果は?
何万円お得になったのか・・・こちらの記事をどうぞ→我が家のリアルな住宅ローン事情!借り換えシミュレーション結果はこちら

 

*Twitterをやってます*
ブログの更新情報や、住宅ローン関係や家計管理・節約などの気になる記事をツイートしています。

ランキングに参加しています
  にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へにほんブログ村 その他生活ブログへ
関連コンテンツ
【こちらの記事も読まれています】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする