自費で人間ドックを受けようと思っていた矢先…横浜市から子宮がん検診のご案内が来ました!補助金約6,000円が出るので、自己負担金1,360円で受診できます。

スポンサードリンク

こんばんは。

マイホーム5年目の防蟻処理(白アリ対策・15万円)に、楽天スーパーセールでの11店舗オーパーランに、次男の習いごとスタートに・・・やたら出費の多い今月
ちょっと貯金残高が不安になったので、受けようと思っていた人間ドック(約6万円)を延期することにしました。

我が家は母方の家がガン家系なのに、私は結婚してから1度も健康診断や人間ドックを受けていません。
もう30代後半だし、次男も幼稚園に通うようになって育児も楽になってきたし、そろそろ受けないといけないよなぁと思っていて、やっと決意したのですが・・・。
度重なる出費に、緊急性のない人間ドックはついつい後回しにしてしましました。

そんな矢先。
横浜市から「子宮がん検診のお知らせ」が届きました!

何というはかったかのようなタイミング!
これで、自費で受診するよりずっと安く子宮がん検診を受けることができます!

身体ぜんぶを検査してもらえる人間ドッグと違い、子宮がん検診のみの受診になりますが、まさに子宮がん検診を受けたいがために人間ドックを申し込むつもりだったので、こちらの横浜市の検診で全然問題ありません!
最近、下腹部がときおり痛んだり、他にも20代のときにはなかった気になる症状がいくつかあるので、婦人科検診を受けなければとずっと思っていたんですよね。
ほんとにありがたいタイミングで通知が来ました。
ありがとう横浜市!

スポンサードリンク

横浜市の子宮がん検診の窓口負担は1,360円。30歳を過ぎたら子宮頸がんの危険が急増するので絶対に受けるべし!

横浜市の子宮がん検診は、市から約6,000円の補助が出るので、自己負担金1,360円で受診できます。

30代は子宮がんになる人が最も多い年代なのだそうで、少しでも気になることがあったなら、
公的な補助がなくとも、ぜったいに受けたほうがいいです。

ちなみに、「少しでも気になること」とはこんなことです。

  • 月経とは無関係な出血
  • ふだんと異なるおりもの
  • 性行為の際の出血
  • 月経の量が増えたり、長引いたりする など

上記のような症状があったら、検診ではなくすみやかに医療機関で「診察」を受けてください!

とのこと(横浜市の子宮がん検診の案内に書いてありました)。

上記のような症状がなくとも、30代になったら子宮がん検診は受けたほうがいいです。人間ドックなら身体全体の一般的な基本検査の他に、オプションでがんドックを受けることができます。

私が人間ドックをここで受けようと決めていた最寄りの病院も、横浜市の子宮がん検診の実施医療機関名簿に載っていました。

◎こちらで人間ドックを受ける病院の検索や比較ができます→人間ドッグのここカラダ

こんな子宮がんの記事なんて書いていたら、下腹部が重くなってきましたよ・・・(気持ちの問題?)

とりあえず上記のような症状が出てしまってからではかなりマズいので(進行すると治療が難しい)、早期発見が極めて重要なのだそうです。早期発見できれば高い確率で治癒できるそうなので・・・なので検診を受けましょう(と横浜市の子宮がん検診のお知らせに書いてありました)。

私も今月中にはがん検診を受けたいと思っています。
どうか「異常なし」でありますように!

スポンサードリンク
スポンサードリンク


<住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!>

【住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!】
この歴史的「超」低金利時代の金利条件で、住宅ローンの借換えシミュレーションができます!
こちらでシミュレーションができます→三菱UFJ銀行 ネット専用[借替限定]住宅ローン

◎ちなみに我が家の現在の金利条件は・・・
・固定10年 0.9%
・住宅ローン残債 2300万円
・毎月支払額 98,735円

★我が家の借換えシミュレーションの結果は?
何万円お得になったのか・・・こちらの記事をどうぞ→我が家のリアルな住宅ローン事情!借り換えシミュレーション結果はこちら

 

*Twitterをやってます*
ブログの更新情報や、住宅ローン関係や家計管理・節約などの気になる記事をツイートしています。

ランキングに参加しています
  にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へにほんブログ村 その他生活ブログへ
関連コンテンツ
【こちらの記事も読まれています】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする