車検の年じゃないのにディーラーから車検の案内ハガキが届いた!車検と24ヶ月点検の違いとは?また、24か月点検は自分でやって車検代金を安く済ますこともできる!

スポンサードリンク

5月は固定資産税に都市計画税に軽自動車税に、税金の徴収がたくさんありました。

臨時出費にアイタタタ・・・と呻いていたさなか、また心折れる出費の通知が!

それは、車検のご案内のはがきです。

車検の年じゃないのにディーラーから車検の案内ハガキが届いた!

でも確か、車検は去年に受けたはず。うちの軽自動車の車検は2年ごとなので、次の車検は来年のはずです。

車のフロントガラスに貼ってある車検シール(車検標章というそうです)を確認しに行ってみると、やっぱり車検の期限は来年の平成30年。
担当の〇〇さん、勘違いしたのかな?と思い、問い合わせると・・・やっぱり勘違いでした!

ほっとしました~。

ところで、旦那さんはこのハガキが来た時に「車検じゃなくて、24か月点検のお知らせなのかなぁ」と言っていまして。
私は、車の点検は「車検」くらいしか知らなかったので、車検の他に「24ヶ月点検」なんてのもあるの!?とびっくりしたのですが、普通はこの24か月点検は車検と一緒にやるそうで、うちの車も去年の車検の時にちゃんと済ませているとのことなのでした。

スポンサードリンク

「車検」と「24ヶ月点検」の違いは?

ところで、私は「24ヶ月点検」も「車検」の中のひとつの項目と思っていたのですが、「車検」と「24ヶ月点検」は別物なのだそうです。

なら別に「24ヶ月点検」なんて受けなくてもよくない?値段高いし(4ヶ月点検基本料金、20,520円)とも思ったのですが・・・24ヶ月点検(定期点検)は道路運送車両法で定められていて、受けなければならないものとなっているのだそうです。
ただし、受けないからといって法的な罰則はないとのこと。

ちなみによく知られている「車検」のほうは、車が国の基準に適合しているか同課の検査を「国が」行うもので、車検が切れたり受けないままに車に乗っているとお巡りさんにつかまって罰金や免停を受けてしまいます。

車検でかかる費用。そして24ヶ月点検の相場は?

かくして今回の車検はディーラーさんの勘違いということだったのですが、せっかく車検の費用を細かく記載してあるハガキをいただいたので、車検時にかかる費用を載せてみたいと思います。

内訳はこんな感じでした。

・24ヶ月点検基本料金 20,520円
・保安確認検査料 8,640円
・検査代行手数料 10,800円
・自動車重量税 6,600円
・自賠責保険料 25,070円
・印紙代 1,400円

計 73,030円

・・・な、7万円越え!
やっぱり、やっぱり、車は金食い虫だったんだわー!!

ちなみに24ヶ月点検の相場は2万円から5万円だそうです。
うちが今回受ける24ヶ月点検基本料金は20,520円なので普通なんですかね。

車検費用の節約!24か月点検は自分でやることもできる

24か月点検は自分でやってもOKなのだそうです。
点検整備の技術がある方なら、自分でやったら安く済みますよね。

こちらのホームページに24ヶ月定期点検整備記録簿の書き方と記入例がわかりやすく載ってました。
◎参考ページ:24ヶ月定期点検整備記録簿の書き方と記入例

ご家族やお知り合いの方で車の整備ができる方がいらっしゃったら、お願いすると24か月点検費用が浮くかも!

我が家はそんな知り合いはいないし、自分でも当然できないので、ディーラーさんにすべてお任せしました。

車検の年じゃないのにディーラーから車検の案内ハガキが届いてびっくりしたというお話でした~!