小さい子どもを持つ主婦の在宅ワークや起業。添い寝の時間をもったいなく感じてしまう。

*Twitterをやってます*

*Twitterをやってます*
ブログの更新情報や、住宅ローン関係や家計管理・節約などの気になる記事をツイートしています。

4月からフリーランスでお仕事しよう!と意気込み、ホームページかブログを立ち上げようと思い立ったのですが、なかなか時間がとれません(泣泣泣)

昨晩も、小一時間かけて子どもたちを寝かしつけて、やっと寝たと思い、そ~っと布団から抜け出して30分くらいたつと「うわーん‼」と泣き声が。

次男が起きるんですよね…。

「あーあ、起きちゃったか」とガッカリしながら寝室にいくのですが、泣きながら「さみちかった…」としがみついてこられるときゅんとなってしまう親心。
こんなふうに一緒に寝ないと夜泣きする時期はきっとあと3年もないよね、と少しさみしくなってしまったり。

その一方で、もう3歳なのになぁ…とも思ってしまいます。
私のまわりは、友達の子も妹の子も、一歳くらいから「一度寝たら朝まで起きないよ」って子供がほとんどで、よけいにそう感じてしまうんでしょうね。

うちは長男も幼稚園に入るまで私が布団を離れると、はっと気づいて「お母さん、どこ!?」ってなってました。
次男もまだまだ添い寝しないとダメで。

そろそろ夜に時間がほしいです。
幼稚園に通うようになれば、夜泣きしなくなるかなぁ。

子どもとの添い寝中でもできる時間の有効利用の方法

子供が寝てから自分が寝るまでの2~3時間は、真っ暗闇の中でスマホをポチポチしています。
ちなみに、このブログはたいていこの時間帯に書いてます。

最近はこの暗闇に動けない状況を利用して、電子書籍を読むようになったので、以前よりは「時間のムダ!」感がなくなりました。
そしてこの夜の暗闇の中の読書時間、自分の中でけっこう重要な存在になりつつあります。
子供ができてからじっくり本を読む時間なんてなかったので…。

ちなみに私はもっぱら楽天Kobo電子書籍ストアを利用してます。
無料で読める本もたくさんありますし、青空文庫などもすごく読みやすいです。
また、楽天ポイントがいつでも20倍もらえるのも地味なおすすめポイント。

でも、できるなら起業に向けての準備とか、勉強とかをしたいなぁ…。
日中に自分の自由な時間がまったくないので、よけいにやりたい気持ちが募ってしまいます。

クリエーターズスタンプ発売してます!

【クリエーターズスタンプ販売中!】

★第1弾【おねだり女子】
13

頼みにくいあんなこともこんなことも女の子の口を借りてかわいくお願いすればきっとかなえてくれるはず。
ぜひご利用ください!

★第2弾【赤トサカノドン】

白亜紀に宇宙人の手によって地球から連れ去られた数匹の生物たち。絶滅の難を逃れ、独自進化をとげた古代生物の一億年後の生きざまとは!?

ランキングに参加しています
  にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へにほんブログ村 その他生活ブログへ
関連コンテンツ
【こちらの記事も読まれています】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする