固定資産税と都市計画税が引き落とされました。減免措置が終わった後の税額はやっぱり高い・・・

スポンサードリンク

こんばんは。
横浜市の固定資産税&都市計画税が引き落とされました。

その額、32,000円。

3万2千円か…。
家計にズドーンときますね(泣)。

1月4日に引き落とされました。
ちなみに、この額は4回に分けて徴収されるうちの一回です。
我が家の平成28年度の固定資産税・都市計画税の年税額は、129,900円で、これを4回(4月、7月、12月、2月)に分けて納付します。
今回は12月分ですね。

横浜市では、新築された住宅の種類により新築の翌年度から一定期間、税額が減額されますが(我が家は2階建ての一般住宅なので、減免機関は3年間でした。3階建以上の準耐火構造及び耐火構造住宅なら5年間適用されます。)、うちは4年目なので減免期間が終わった後の通常の税額です。

うちは敷地面積約27㎡の狭小住宅なので敷地は狭いのですが、立地は(我が家の収入にしては)贅沢をしたので、建物代金より土地代のほうがずっと高いです。
正直、この低金利時代でなければ買えなかったと思います。
巨額の借金(住宅ローン)も背負ってしまいましたが・・・。

でもおかげで、駅・区役所・図書館まで徒歩10分以内で行けますし、本当にありがたいことです。
子供の頃から夢だった理想のマイホームを手に入れることをかなえることができたので、あとはがんばって住宅ローンを返してゆくだけですね。
そうだわ。住宅ローンを完済しなきゃ本当に我が家とは言えないんだわ。
老後は、散歩がてら毎日図書館に行って、読書三昧の日々を過ごすつもりです。その未来を確約するためにも、早期完済に向けて頑張らねばです!