平成28年10月から厚生年金保険料がアップ!手取り月収30万円の我が家のお給料はどれくらい減るのか。

スポンサードリンク

10月から厚生年金保険料がアップ!お給料はどのくらい減るのか?

今月(10月)から厚生年金保険料がアップするそうです。
先月より少ない?10月の給与明細ここをチェック!」というサイトによると、月給30万円の場合、先月よりも531円上がることになるそうです。

我が家はまさに月収30万円前後の世帯。
月に約531円もお給料が減るのか・・・。

年間だと6,372円になります。
ちなみに、月収20万円の場合は年間4000円くらいの値上がりになるらしいです。

月に500円ちょっとって「まあ、しょうがないかな」って思えるギリギリのラインですよね。
月に1000円ってなると「え~!? 1000円あれば夕ご飯一日分まかなえるよ!」「パートで1時間働いた以上の金額だよ!」と思っちゃいますもん。
そこらへんの駆け引きがうまいなあって思います。政府に対して(苦笑)。

厚生年金保険料の支払い額が多くなっても、もらえる厚生年金の額はきっと変わらないんだろうなぁ・・・。

妻が働くことが一番の増税対策

お給料から天引きされる税金やら保険料やらが上がる話が出るたびに「私も早く働かなきゃ」ってものすごく焦ります。
現在、お給料の30万円をまるまる生活費で使い切ってしまっているので、これ以上に出ていくお金が増えてゆくと貯金は減ってゆくばかりになってしまうから・・・。

でも、旦那さんの収入に私の収入が加われば、毎月、私が働いた分だけ資産が増えます(今がトントンなので)。
いや、我が家の場合、家計の余剰金は貯金でなく繰上げ返済にあてるので、資産は増えませんが負債が減ります。

なので、私が働けば多少の増税があっても今の生活水準を保てるって思っています。
そこはちょっと安心です。

次男が幼稚園に通うようになるまであと5か月。
それまでは働こうにも身動きできませんが、せめて赤字にならないよう、家計管理をがんばります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク


<住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!>

【住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!】
この歴史的「超」低金利時代の金利条件で、住宅ローンの借換えシミュレーションができます!
こちらでシミュレーションができます→三菱UFJ銀行 住宅ローンは選ばれてご利用額 10年連続№1

◎ちなみに我が家の現在の金利条件は・・・
・固定10年 0.9%
・住宅ローン残債 2300万円
・毎月支払額 98,735円

★我が家の借換えシミュレーションの結果は?
何万円お得になったのか・・・こちらの記事をどうぞ→我が家のリアルな住宅ローン事情!借り換えシミュレーション結果はこちら

 

*Twitterをやってます*
ブログの更新情報や、住宅ローン関係や家計管理・節約などの気になる記事をツイートしています。

ランキングに参加しています
  にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へにほんブログ村 その他生活ブログへ
関連コンテンツ
【こちらの記事も読まれています】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする