お金の価値観を変えてお金への執着から解き放たれる

スポンサードリンク

「コナーの事故」

…というおはなし。
(機関車トーマスのナレーター、ジョン・カビラ風に)

IMG_20160312_081042.jpg

※コナー⬇

ちなみに画像の、後ろにひっくり返った車が事故車です。

そして手前にさりげなく今回紹介したい本を設置してみました。

ホリエモンこと堀江貴文氏と、オタキングこと岡田斗司夫氏の対談集『ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!』です。

いや~。
面白かったというか。
興味深いというか。

堀江さんはお金をいくらでも稼ぐ手段を持っているために、お金に執着のないパターンの人。

岡田さんはひたすら好きなことをして生きているためにお金に執着のないパターンの人。

そんな二人がお金の価値観(お金とはいったいどうゆうものなのか?)貨幣経済に代わる新しい社会についてや、次世代型資金調達方法などを語り合い、最終的には一緒にアニメ製作をしようと意気投合するという内容の本でした(はしょりすぎですが)。

こうゆう人達は、やっぱり、世の中の仕組みを知ってます。
どうすればお金が手に入るか、知っているのです。

そして本書では、お金に執着のある人々(私のような)のお金に関する考え方を「ここが違うんだよね」「こうだからお金が入ってこない」と指摘。

そして、「本当にお金に困らず幸せになりたいのならこうすべき」と答えを提示してくれます。

お金とは何か?
幸せとはなにか?

について、新たな価値観を教えてくれる本でした。