車購入で使い込んだ学費貯金をちょっぴり返しました

去年の9月に旦那さんの社内の部署移動があり、急に車が必要になった我が家。

車なんてまったく買う予定もなかったので車貯金もしておらず、余裕資金は全部繰り上げ返済にあててしまっていたので、車を買うお金がなく

しかたなく、子どもが大学に進学したいと言った時のために、毎月こつこつと貯めていた大学費用貯金から70万円を借金しました。

その後、児童手当てなどを工面し、なんとか30万円を戻しました。

借金残高は40万円…。

その後は、まとまったお金を用意できなくて、税金の戻りとか、別の貯金口座から少し借りたりしてお金をかき集め、1月に33,000円を戻しました。

そして、今月も14,999円を戻しました。
残りの額は352,001円です。

残り約35万円。
なんだか終わりが見えてきた気がします。
70万円を返さなきゃならなかったスタート時点では途方もない気がしましたが、半分をきるとなんだか現実味のある返済額に思えてきました。

最長、あと二年以内には全額戻したいと思ってます。

車購入資金を借りたのは、子どもの大学費用を貯めている口座です。
長男はまだ5歳なので、急いで返す必要もないのですが…

なぜ、私がこんなにも急いで貯金額を戻そうとしているのかというと、急いで必要でないものだからこそ、お金を戻すのがなあなあになってしまいそうだからです。

きっと、次のボーナスで返そう、その次のボーナスで返そう、としているうちに借りたこと自体を忘れてしまったり…

返しきらないうちに、またまとまったお金が必要になって使い込んでしまったり…

子どもの大学のための貯金はよほどのことがないかぎり手をつけない、と決めていても、一度使ってしまうとどうしてもハードルが下がってしまいます。

車購入は、旦那さんの仕事に車が絶対に必要で、こちらの貯金から借りなければカーローンを組むしかなかったので「よほどのこと」扱いとなりました。

また、この学費貯金といういざというときのお金があるからこそ、繰り上げ返済に全力投球できるというのもあります。

よし。
残り352,001円、耳を揃えてきっちり返します!

<住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!>

【住宅ローン残債が1000万円以上・返済期間が10年以上残っている方、必見!】
この歴史的「超」低金利時代の金利条件で、住宅ローンの借換えシミュレーションができます!
こちらでシミュレーションができます→三菱UFJ銀行 住宅ローンは選ばれてご利用額 11年連続№1

◎ちなみに我が家の現在の金利条件は・・・
・固定10年 0.9%
・住宅ローン残債 2300万円
・毎月支払額 98,735円

★我が家の借換えシミュレーションの結果は?
何万円お得になったのか・・・こちらの記事をどうぞ→我が家のリアルな住宅ローン事情!借り換えシミュレーション結果はこちら

 

*Twitterをやってます*
ブログの更新情報や、住宅ローン関係や家計管理・節約などの気になる記事をツイートしています。

ランキングに参加しています
  にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へにほんブログ村 その他生活ブログへ
関連コンテンツ
【こちらの記事も読まれています】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする